岡山大学環境理工学部教授
市南文一
ICHIMINAMI Fumikazu

>>教員一覧
学部(Faculty):
「環境と地理」「地域景観論」
「景観管理学」

大学院(Graduate School):
「地域景観地理学」

(1) 農山漁村の持続性 (Sustainability of Rural Areas)

地域の自然・経済・社会・文化的特性、景観などを活用し、自然環境と人間活動の関連を研究することにより、直面する課題を解明し、持続性に向けた対策を探る。


(2) 地域機能と景観 (Function and Landscape in Region)

地域の関係位置や歴史をふまえて、自然基盤・産業などの諸側面から地域機能を検討するとともに、好ましい景観や望ましくない景観の実状を調査する。


(3) 西日本の地域研究 (Area Study in West Japan)

上記の(1)・(2)の応用版になる地域の総合研究。対象は、主に中国地方や西日本。
著書・論文などは、教員紹介の詳細情報か、研究開発支援総合ディレクトリ (ReaD) を検索してください。