岡山大学環境理工学部 環境管理工学科

English 大学院 環境生命科学研究科 社会基盤環境学専攻 農村環境創成学講座

学習・教育到達目標

  1. [学際的教養] 自然科学および社会科学に関する知識を幅広く習得し、学際的な素養を身につける。
    1. A-1:文化、社会とそれらに関わる秩序、および地球上の人々と自然との相互依存関係について理解し、説明できること。
    2. A-2:地域あるいは地球レベルの種々の環境問題について、自然科学的側面から理解し、説明できること。
  2. [技術者倫理] 科学技術が自然や人類に及ぼす影響を正しく理解し、技術者の社会に対する責任を考えることができる能力を習得する。
    1. B-1:科学技術が自然や地域社会に及ぼす影響について理解し、説明できること。
    2. B-2:技術者の社会に対する責任について理解し、説明できること。
    3. B-3:環境に配慮した種々の取組や最先端の技術動向についての知識を披露できること。
  3. [数学・自然科学・情報科学] 専門分野の基礎となる数学、自然科学に関する知識、および環境科学に不可欠な情報科学の知識と技術を習得する。
    1. C-1:専門の基礎となる数学、自然科学の知識を理解し、環境管理工学の学習に応用できること。
    2. C-2:電子メールの利用、ワープロによる文書作成、表計算ソフトの利用、ホームページの作成などができること。
  4. [地域環境] 地域の構成要素を多面的にとらえ、自然と人間との調和ある環境を創造する基礎能力を習得する。
    1. D-1:土壌や植物が地域環境形成において果たす役割、人間活動と地球環境問題、生態系の役割について理解し、説明できること。
    2. D-2:地球および地域規模の水循環と大気運動の関連、洪水や水資源などの水問題とその対策について理解し、説明できることこと。
    3. D-3:農業と循環型システム、人口と食料、資源とエネルギー廃棄物等の環境問題を、地域と環境の関わりの中で理解し、説明できること。
  5. [環境管理工学] 地域環境管理のための土系、水系、基盤系、環境系の専門知識と技術を身につけ、問題を解決するための基礎能力を習得する。
    1. (E1) [土壌・植生系] 土壌や植物の諸機能を活用した自然環境の修復・保全管理、および食糧生産基盤の維持・管理を行うための知識と技術を習得する。
      1. E1-1:農業生産の培地である土壌の役割と機能、土壌構成成分、各種土壌の特徴、農地の役割と必要条件について理解し、説明できること。
      2. E1-2:農地の土壌を把握する上で重要な粒度組成、土壌の保水性、透水性、土壌pFと力学性、土壌水分特性曲線について理解し、説明できること。
      3. E1-3:生態系の中での植物の機能、農耕地・非農耕地の雑草管理、植物の生長、光合成について理解し、説明できること。
      4. E1-4:距離測量、トランシット測量、トラバース測量、平板測量、水準測量、リモートセンシング、測定値の誤差について理解し、説明できること。
      5. E1-5:必要な器具の取扱いも含めて、距離測量、トランシット測量、トラバース測量、平板測量、水準測量、地形測量、地形図作成ができること。
    2. (E2) [水利系] 水循環を重視した水資源の利用・管理を行うための知識と技術を習得する。
      1. E2-1:静水力学、完全流体、常流・射流、層流・乱流、開水路、管水路など、水理学の基礎理論について理解し、説明できること。
      2. E2-2:静水圧の計算、連続式とベルヌーイの定理の応用(ピトー管、ベンチュリーメータ)、運動量保存則に関わる計算ができること。
      3. E2-3:降雨、蒸発散、浸入、流出など、流域規模の水循環に関わる諸過程について理解し、説明できること。
      4. E2-4:潅漑排水計画に必要な蒸発散位の推定、流出解析手法による雨水流出量の計算ができること。
    3. (E3) [施設系] 水資源利用や地域環境に関連する施設の設計・施工・維持管理を行うための知識と技術を習得する。
      1. E3-1:各種静定ばりに働く力の性質と部材力の算定法を理解し、説明できること。
      2. E3-2:力とモーメントのつりあい式をたて、支点反力や軸力・モーメント・せん断力といった内力を求めるなど、施設設計の技術計算ができること。
      3. E3-3:土の物理的および力学的性質に基づいて、変形・ 破壊等の現象のメカニズムを理解し、説明できること。
      4. E3-4:土骨格のつりあい式と間隙水の連続式をたて、土中の浸透および圧密量やその材料強度を算定し、施設基礎地盤の技術計算ができること。
    4. (E4) [経営・計画系] 環境や景観に配慮した土地利用や地域開発、および公共財の社会的管理のための知識を習得する。
      1. E4-1:地域公共財に関する経済学的分析ツールを理解し、説明できること。
      2. E4-2:地域開発および地域環境情報についての知識を披露できること。
      3. E4-3:微視的および巨視的にみた地域景観について実例を挙げて説明できること。
  6. [課題探求能力] 実験・実習を通して、専門知識を 深めるとともに、自ら計画・遂行・解析・考察する能力、および期限内に結果をまとめる能力を習得する。
    1. F-1:研究課題について、必要な解を得るためには、どのような解析手法を用いればよいかを判断できること。
    2. F-2:チームにおける自分の役割を理解し、他との協調を図りながら、実行できること。
    3. F-3:課題に対する結果を期限内にまとめることができること。
  7. [コミュニケーション能力] 自らの考えを論理的に正しく構成し、それを正確に表現・伝達する能力、および国際的コミュニケーション基礎能力を習得する。
    1. (G1) [表現・伝達] 自らの考えを的確に表現し、正確に伝達・発信できるコミュニケーション能力を習得する。
      1. G1-1:自らの考えを要約して論理的に記述し、正確に伝達・発信できること。
      2. G1-2:得られた成果を発表・説明し、それに対する質疑に適切に答えられること。
    2. (G2) [外国語] 国際的コミュニケーション基礎能力を習得する。
      1. G2-1:英語による基礎的なコミュニケーションができること。
  8. [自主的・継続的学習能力] 課題研究に関わる実験、現地調査、解析、資料収集ならびにその全体まとめを通して、自主的、継続的に学習できる能力を習得する。
    1. H-1:社会のニーズを考慮して、自ら問題設定ができること。
    2. H-2:研究課題について、関連するデータを正しく解析し、考察できる。
    3. H-3:計画に基づいて、研究課題に取り組み、進捗状況を点検しながら計画を改善できること。
PAGE TOP